fuwa fuwa 北海道ど田舎ブログ

北海道で楽しくていねいに子育てと会社経営をするおっさんのお話です。

準備万端のはずが。。。

7月23日からの昨日までの5週間、6回あった日曜日の5回をダートラの大会や練習にあてました。私の仕事の休日が日曜だけなので家族の協力があって成り立つことですが。。。

 

みんなの助力もあり、集中して練習に励み、昨日は『この一年の集大成だ!』くらいに意気込んでいました。エンジンオイルも交換し、タイヤも新品を下ろし、車載映像で研究をし、今まであまり考えてなかったガソリンタンクの残量も少なくし、前日は車も綺麗に洗車し、いつも通り早めに就寝し、、、

 

『過去最高の状態』で望んだ第8戦(自分としては参戦7戦目)、、、

 

ダートトライアルは、2本走って速い方のタイムで争うトライアルなのですが一本目、自分ではミスなく走ったつもりでした。アナウンスがよく聞こえなかったので自分のタイムはわからないまま、後ろのゼッケンの人の走りを見ます。で、程なくして掲示板に張り出された暫定結果を見に行きます。

そこで見たものは、トップ集団とのタイム差が想像もしてなかったくらいの差。

去年の秋に右も左もわから無い状態で出た大会の時に、偶然全日本級の人も出場していたのですが、その時のタイム差よりひどいのです。

その瞬間頭の中が『???』となりました。あれ?なんだこれ?てな具合です。

春先の走り始めの頃なら『こんなもんかな?』と思うのですが、5、6、7月とクラブ員と練習を積みながら走ってきたので、『あの人とはあのくらいのタイム差、この人とはこのくらい、、、』と大体の自分の力量は計れてました。

コースの途中、観客の方からは見えないところを走ってまた戻ってくるのですが、なかなか戻ってこないので『コースを間違ったのかと思った』と嫁さんに言われる始末。ふつ〜に走ってたつもりだったのですが。

そんな1本目だったので皆さんの想像通り2本目は焦ってシフトミス連発、さらに焦るからコーナーにオーバースピードで入りとっちらかると(笑)

タイムを聞く気分にならないくらいでした。

 

今感じるのは、自分が頭で描いていた感覚より、この年齢で新しいことに挑戦しスキルを習得することは難しいんだな、若い時とは違うんだな、ということ。

目も衰えてきてますし、反射速度もそうです。普通の生活では気づき辛いけれど、非日常の速度だとコンマ0何秒の遅れが出てるのかもなあ、、、とか考えて自分自身に悔しい気持ちが湧いてきました。その後から何か『心の奥の方から』がっかり感が出てきました、お前はこんなもんかあ、的な。

まあでも、若い時とは違うのは当たり前。だけど今の自分も自分ですし少しでも上手くなるよう頑張ろう。せっかく始めたのだから。

 

3歳になったばかりの息子はこっち↓の車の方が好きです。

f:id:naka244822:20170828143301j:plain

色なのかなぁ?私はこの色はあまり好きでは無いのですが(笑)

昨日は、わかってるのか息子も少しがっかりしてました。   

 ごめん。