読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fuwa fuwa 北海道ど田舎ブログ

北海道で楽しくていねいに子育てと会社経営をするおっさんのお話です。

46歳で若者に勝つ方法

自動車免許を取得して26年になります。

免許を取った次の年からジムカーナを3年間経験し、そのあと何もしない期間が長く、

40過ぎてからサーキットを年に2回くらい走っていました。ただのフリー走行ですけど。

土の上を全開で走ったのは去年の夏が初めてで、砂利が車体に当たる音と、クルマを横に向ける怖さと楽しさを味わいました。秋に出た公式戦は、同じクラスの全日本級の人に1分20秒くらいのコースで10秒負けてしまいました。

今年、出ようと思っているクラスで入賞圏内と5秒差。。。

とてつもない差です。

スポーツ走行の車の走らせ方の基本は一応わかっていたつもりでした。

そこそこはできるだろうと思っていたがそんなに甘くはなかった。とても悔しかったが、それ以上に日常では味わえないスピードと、スタート前の緊張感、クルマを操っている感覚、などなど楽しい気持ちの方が上回って、来年はもう少し頑張ろうと思いました。

 

自分より20歳も若い人たちに教えてもらったり、走らせ方について話し合ったりすることは新鮮で楽しいです。

楽しいのだけど、免許とって数年の若者に負けるのもなんともいえず悔しい(笑)

私の場合、経験が邪魔をすると言うか『これ以上は危ない』と思う領域が経験によって低くなってしまったらしい。自分の思う『これ以上は危ない』が実は全然正しくなくて、タイヤの9割くらいしか使えてないのだ。

余談ですが、一般公道で事故る人はこの『これ以上は危ない』がおかしくなっているのでご注意を。

 

じゃあ同時期に始めた勢のある若者にどうやって勝てばいいのか?

 

まず自分の若い時と46歳の今の自分は何が劣っていて何が優れているのか?を考えた。

今まで培ってきた運転技術や理論(基本的なハンドルの回しかたや、シフトアップダウンや荷重移動の理屈、タイヤの使い方など)は今の方が理解している。

反射神経や動体視力は落ちている。

『怖さ』を知った分『度胸』が無くなった。

総合的に考える能力は少しは上がっているはずだ、とか。。。

 

なんとなく見えてきた。

 

クルマにお金をかけるのはもっと後でいいと思っているので、まずスキルアップだね〜

f:id:naka244822:20170404145500j:plain